« ★咲いた咲いた桜が咲いた | トップページ | ★鷹を操るかわいい少女 »

2011年4月10日 (日)

■【地震被災:その4】kuma3ちの場合

まあ、調べれば調べるほど・・・。kuma3ちの被害があちこちにあることがわかりました。先日、保険会社の審査員が来て、被害状況を見ていきました。もちろんkuma3火災保険は入っているものの地震保険には入っていませんが、被害状況によっては、お見舞金を頂けるという。つまり被害額が「ウン百万円以上」が対象という。もちろん家の瓦破損だけではそんなにいかない、隈なく見るとありますあり舛ゴロゴロと。
【外壁】
Dsc08345 Dsc08349 Dsc08351
Dsc08354 Dsc08355 Dsc08356
Dsc08352 Dsc08360 Dsc08368
Dsc08370 Dsc08371 Dsc08359
【内部】:全然気にしてなかった(調べてもいなかった)
Dsc08377 Dsc08378 Dsc08385
Dsc08389 Dsc08390 Dsc08393
Dsc08392 Dsc08388 Dsc08394
Dsc08395 Dsc08397 Dsc08387
「あ、ここもそうですね」「「これもそうですね」とさすが審査員は「お目(?)が高い」
一つ一つ、メモしながら電卓で積算。なんとその数、数十か所。その結果は。
「瓦の破損だけではお見舞金の対象になりませんが、全部見せてもらって、その対象に入ります」とのこと。本部に申請して認められれば、お見舞いしていただけると。

いやいやkuma3ちの被害状況は「うん百万円以上」と確定らしい。tohoho。DIYでボツボツ修理します。
結局、重たい陶器瓦のkuma3ちは、頭でっかちで重心が上部にあり、その意味で余計に揺れが大きかったんだなあと分析。
昨日の強風で、瓦のブルーシートもはがれそう、梅雨が来る前に屋根を直せればいいが早く来てよ「瓦屋さん」!

|

« ★咲いた咲いた桜が咲いた | トップページ | ★鷹を操るかわいい少女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★咲いた咲いた桜が咲いた | トップページ | ★鷹を操るかわいい少女 »